ネクタイは男のお洒落の典型です

男性、特にビジネスパーソンはスーツ姿で仕事をしますので、お洒落と言ってもそれほど大きな変化はありません。
唯一ネクタイだけは、首の下から胸元までを飾るものとして、自己主張もでき、相手の方にも注目していただけるおしゃれアイテムなので、疎かにできないものと言うことができます。


しかし、日本ではクールビズが唱えられて以降、夏だけでなく、冬もネクタイを着用しないという習慣が根付きつつあり、肩がこらないとか、フランクな雰囲気というような点ではいいのですが、お洒落アイテムがなくなり、せっかくの潤いも失われていると言えます。

ネクタイの情報をお知らせします。

そこで、積極的にネクタイを着用して、商談の役に立てたり、人間関係のつながりを良くしたり、あるいは話題を豊富にしようということでのおすすめするわけです。


ただ無頓着に着用するのでは意味は少なく、工夫やそれなりの注意も必要になります。


まず第一は、同じように見えても、流行みたいなものはあります。

分かりやすいのは、幅の広さです。

今はどちらだという意識が必要になります。広さは交互に流行する傾向がありますが、柄も流行がありますので、この点との組み合わせにも注意が必要です。
そして、汚れも要注意です。
特に首元に当たる部分は汗がつきやすく、色が微妙に変色しがちです。

こまめにクリーニングに出すか、ある程度着用したら新品と変えるか、いずれかが必要です。



さらには、ある程度の数を揃えておくことも大事なポイントになります。



とき・ところ・場所に応じてと言わるとおり、マッチしていることが不可欠だからです。

ネクタイはお洒落のアイテムということを、もう一度認識し直せば、自ずと違う対応になるというものです。